2014.09.29

コールドプレスジュースはいかが?

コールドプレスジュースとは、
熱を加えずに果汁や野菜汁のみを絞ったジュースのこと。
そんな自然の恵み満点のジュースが、
農連市場のすぐそばで頂けます。

お店の名前は「ON OFF YES NO」。
写真は県産野菜を使った「ディープ・グリーン」と
県産の人参をベースにした「ブロンズ」。

右はドラゴンフルーツとリンゴに、
バナナと柑橘を組み合わせたスムージーで
その名も「オキナワ・サン」。

現在プレオープン中で、
10月4日にグランドオープン!

沖縄の恵みを余すところなく
味わえるドリンクです。ぜひお試しを。

那覇市樋川2-1-23
open 7:00~17:00
close 月、第4火

2014.09.27

かわいい焼き菓子屋さん

那覇の路地裏に、
かわいらしい雰囲気の
焼き菓子屋さんが佇んでいました。

こちらは「Village Market」という
ちいさな焼き菓子屋さん。
国産小麦、自家製天然酵母で作った
ベーグルやマフィンなど、
ヘルシーでおいしい焼き菓子を販売してますよ。

2014.09.24

沖縄で一番賑やかな通り。

沖縄観光の代表格と言えば
なんといっても「国際通り」。
毎週日曜日になると、
とっても賑わうのをご存知でしたか?

12:00から18:00のあいだ、
トランジットモールと名付けられたそこは、
一般車両を規制して歩行者優先に。
ストリートパフォーマンスやライブ、
路上に子どもたちの遊び場も出現。
周辺ショップではオープンカフェやワゴンセールなども。

国際通りに行くなら日曜日がおすすめですよ。

2014.09.22

jimmy’sのチーズケーキ

アメリカンな雰囲気と商品で
県民に愛されるjimmy’s。
なかでもふんわりとした食感の
チーズケーキは人気の一品です。

チーズの風味が生きていて、
ふんわりとしていながら濃厚な味わい。
家族みんなで味わいたい、
県民に愛されるケーキなのです。

2014.09.20

森の中に佇むカフェ

本部町の緑に囲まれて、
ひっそりと佇む古民家のカフェ。

ハコニワは、「この先に本当にカフェがあるの?」
と思わずにはいられないような、路地の先。
ヤンバルの木々に囲まれるようにしてある
女子旅ならぜひとも訪れたい人気のカフェ。

地元の食材をふんだんに使った
ランチプレートもおすすめですが、
なによりもそこで過す静かな時間が魅力です。

2014.09.17

島豚屋の絶品沖縄そば

どんぶりから溢れるのは、
口に含めばトロリとろける
炭火で炙った「三枚肉」。
島豚家の絶品沖縄そばを召し上がれ。

自家製の生麺にあぐーと鰹、やんばる地鶏に
島野菜など県産の食材をふんだんにつかった
あっさりしていながらコクのあるスープ。

一度食べたら病み付きになりますよ。

2014.09.15

静かな湖のほとり

沖縄県北部にある漢那ダムの周辺には、
ダム湖百選にも選ばれた静かな湖と
自然豊かな公園があります。

広い芝生広場や、蝶やトンボなどの昆虫観察ができる池、
ダム湖を見下ろす展望台など休日を家族でのんびりすごすのにぴったり。

毎年7月頃には漢那ダムまつりも開催され、
市民の憩いの場になっています。

2014.09.13

東海岸の静かな天然ビーチ

宜野座村にある感那ビーチは、
本島の東側に位置する静かな天然ビーチです。

国道329号からもすぐなので、
ドライブの途中に立ち寄ることも。
自然の風景そのままで、
のんびりするのにはもってこいの穴場的ビーチです。

2014.09.10

休日の朝ごはん

5周年を迎えた、宜野湾市の雑貨屋「そ」では、
ちょっと気になるイベントが開催中ですよ。

その名も「休日の朝ごはん パンとスープとコーヒーに似合う器展」。
陶器や木工など県内の作家の作品のほか、珈琲豆やパンも並びます。

写真は香月舎の朝食プレート。
大きなお皿にスープカップ、豆皿、かわいいお猿はエッグスタンドです。
たのしい朝の時間を過せそうですよね。
9月16日まで開催中ですよー。

2014.09.03

保良泉ビーチ

保良泉と書いてボラガー。
周囲を断崖に囲まれた、
うつくしい宮古島のビーチです。

ビーチパークになっているので、
パラソルやシュノーケルなどのレンタルから、
パーラー、更衣室などの施設も充実していて快適。

わき水を利用したプールには
ウォータースライダーもあって子どもに人気。
家族で楽しめる穴場ビーチです。

  • ANA
  • 沖縄県
  • 沖縄観光コンベンションビューロー

ページトップへ

" "