2015.01.31

与那国島の灯台

広大な海の前にポツンと灯台。
その周りには牛と馬。。
こちらは与那国島の東崎。

見渡す限りの水平線、紺碧の海を前に、
のどかな風景が広がります。

2015.01.28

島旅の拠点

離島への旅で、
お世話になるのがこちら、
石垣港離島ターミナル。

八重山の各島へのフェリーが
こちらから出航。
フェリーと人が行き来する様子が、
なんとも旅情を掻き立てます。

2015.01.27

ムーチー

今日はムーチーの日。
ムーチーとは餅のこと。
餅粉を捏ねて蒸して作るもので、
サンニン(月桃)やクバの葉で包みます。
旧暦の12月8日がその日で、
神棚などに供え、
家族の健康を祈り、厄払いをするのです。
この時期をムーチービーサー(鬼餅寒)といいます。
昨日まで暖かかったのに、今日はなんだか肌寒い1日です。

2015.01.26

ソースといえば

ステーキにかけるソースといえば、
沖縄県民はこちら、A1ソース。

イギリス原産で、トマトやたまねぎを
使って作られた濃厚ソース。強めの酸味が特長です。
ステーキにはたっぷりかけるのが沖縄流。

2015.01.21

はやくも桜の季節

1月末になると、
沖縄は桜の季節を迎えます。

1月17日にはじまる本部八重岳、
今帰仁グスクの両桜まつりを皮切りに
桜の開花は本島を南下していきます。

緋寒桜のピンクの花が、
沖縄の青い空に映えてきれいですよ。

2015.01.19

来間島で待ってるよ

周囲9kmほどのちいさな来間島。
宮古島のすぐそばのこの島の、
のどかな集落のはずれに、こんなペイントを見つけました。

地元の子どもたちが書いたのでしょうか。
微笑ましくて、また訪ねたくなりますね。

2015.01.17

沖縄の手仕事に触れる店

宜野湾市にそっと佇むギャラリーショップ「kufuu」には
沖縄の手仕事による作品が、静かに並びます。

焼き物、琉球ガラス、紅型、織物、漆芸、木工など、
この島で受け継がれてきた技は、どれも魅力的。
お土産を探すのにも良いかもしれませんね。
でも、ついつい時間を忘れて見入ってしまいそうです。

2015.01.14

ブルーシールアイスクリーム

寒い季節だからこそ、
アイスを食べたくなる時ってありますよね?
沖縄でアイスといえばブルーシール。

ところで牧港店のアイス型の看板が
台風で破損していたのですが、
先日無事に復活しましたよ。

寒い、と言っても日中は20度を超えることもしばしば。
1月でも普通にアイスは食べたくなっちゃいます。

2015.01.12

穴場の憩いスポット

宜野湾市の海のそば、
旅に疲れたら、ひとやすみ。

宜野湾マリーナがあるのは、那覇市街から車で
20分ほどの宜野湾市。
沖縄県内としてはわりと都会的なエリアにありながら、
海を眺めながら芝生にゴロン、と
のんびり過ごせる穴場スポット。

アクセスが良くて、
人も少ないのでオススメですよ。

2015.01.10

老舗ステーキ店

うちなーんちゅは、
飲んだ後の締めに食べるほど
ステーキが好きなんです。

こちらは1955年創業の老舗
「ステーキハウス88 辻本店」。
肉汁たっぷりで食欲をそそる
国産和牛サーロインステーキ。

おやすみの前の日は、明け方まで営業していますよ。

  • ANA
  • 沖縄県
  • 沖縄観光コンベンションビューロー

ページトップへ

" "