2016.11.28

黄金色に輝くススキ畑

先日、本島中部の読谷村でみかけたススキ畑。
夕暮れどきの柔らかい日差しに照らされ
黄金色に輝いていまいた。

沖縄でススキといえば、
葉を十字型に結んだ、魔除け「サングァー」でお馴染み。

普段はお守りとして使われていますが
この時期は秋の風景として、うつくしい輝きをみせるのです。

2016.11.21

秋の風物詩「トックリキワタ」

まだまだ半袖でもじわりと汗をかくほど
沖縄では暑い日が続いています。
でも、空を見上げると
秋の風物詩「トックリキワタ」と秋の雲が広がっていました。
歩く人たちも、足を止めて空を見上げるほど、
ピンクと青の、うつくしいコントラストに目を奪われます。
昨日11月20日、那覇市・与儀では
「よぎトックリキワタまつり」が開催され
多くの人が満開のトックリキワタを楽しんでいました。

2016.11.14

贅沢な秋の夕暮れ

少しずつ肌寒くなるにつれて、
日が沈む時間も早くなってきました。

「秋の日は釣瓶落とし」という諺にもあるように
この季節は特に、日が暮れるのが早く感じられますね。

だからでしょうか。
秋の夕日はなんだか特別に感じます。

こちらは読谷・都屋付近のビーチから望む夕日。
そのうつくしさに、思わず目が離せなくなる。
眺めるだけで、贅沢な時間になるのです。

2016.11.07

潮風に吹かれて「リーフフィッシング」

沖縄ならではの釣りといえば、リーフフィッシング。
リーフとは珊瑚礁のこと。

島のほとんどが珊瑚礁に囲まれた沖縄は
珊瑚が外海からの波を和らげ、穏やかな海をつくりだしています。

そんなリーフ内では、県産魚として有名なミーバイをはじめ
大小さまざまなお魚が釣れます。

暑さが和らぎ、潮風も心地よく感じられる今時期は、
釣果も期待できそうですね。

  • ANA
  • 沖縄県
  • 沖縄観光コンベンションビューロー

ページトップへ

" "