2017.03.27

各地で海びらきがはじまりました

みんなが待ち望んでいた、海びらき。
いよいよ、その季節がやってきました。

沖縄では、3月18日におこなわれた
八重山(やえやま)地方の海びらきを皮切りに
4月上旬にかけて、各地で海びらきがおこなわれます。

これから10月ごろまで楽しめる沖縄の海水浴。
ながーい夏のはじまりです。

2017.03.21

屋我地島の古民家カフェ「CALiN」

那覇から車で約1時間半の距離にある、
ちいさな島「屋我地島(やがじじま)」に
ポツンと佇む古民家カフェ「CALiN」

扉をあけると、島の素朴な風景とは一転、
どこか異国情緒漂う雰囲気に心が躍ります。

ターメリックブルーを背景に、緑やピンクの植物たちが彩る
カウンター席には、春の日差しがたっぷりと差し込んでいました。

2017.03.13

下地島空港の真っ赤な誘導灯

宮古島から車で30分ほどの場所にある
ちいさな島「下地島」

その下地島でビュースポットとなっている
朱(あか)いものの正体は
橋ではなく、下地島空港の誘導灯です。

宮古ブルーとのコントラストがうつくしいこの朱は
きっと空の上からもひときわ目を引くことでしょう。

2017.03.06

旧大宜味村役場庁舎

本島北部、大宜味村(おおぎみそん)に
ひっそりと佇む「旧大宜味村役場庁舎」は、
沖縄で最古の鉄筋コンクリート建造物。

台風からの風圧に耐えられるよう、
八角形の形状が取り入れられるなど
沖縄の気候や風土に根ざした造りとなっています。

春のやわらかい木漏れ日が似合う、うつくしい建築物です。

2017.01.30

桜が開花しました

日本でいちばん早く、桜が開花する沖縄。
本土と違って、桜前線は南下していくのが特徴で
名護市(なごし)や本部町(もとぶちょう)などの北部から、
那覇市や南城市(なんじょうし)を含む南部にかけて、徐々に開花していきます。

今年は1月14日に、気象庁が那覇市のカンヒザクラの開花を発表。

桜の名所で有名な本部町の八重岳(やえだけ)では1月21日から、
1月28日からは世界遺産の今帰仁(なきじん)城跡で
桜祭りが始まっています。

今週末ごろ、満開の予想とのこと。
日本一早いお花見を楽しんでみてはいかが?

2016.08.22

沖縄で四季を感じる名園「識名園」

明日は処暑ということもあって、暑さも少しずつ和らいできました。
それでも、沖縄の夏はまだまだ続きます。

そんな常夏の沖縄で、四季の移ろいを感じられるのが「識名園」です。
那覇市街に位置しながらも、園内は緑にあふれ、ゆったりとした時間が流れています。

また、春には梅林、夏には藤、秋には桔梗といった
四季折々の花々が彩りを添える、うつくしい庭園です。

2016.03.22

コンドイ浜で出会ったネコ

竹富島のコンドイ浜で、ネコのかわいい後ろ姿を見かけました。
海を眺めてボーっとするゆったりとした時間は、ネコだって好きなんですね。
竹富島を含む、八重山(やえやま)諸島は先日海開きをしたばかり。
今年もまた、ビーチの賑やかな季節がやってきます。

2016.03.14

沖縄の島野菜「パパイヤ」

庭のパパイヤの樹に、実がいっぱいなっていました。
沖縄では野菜として、青い実の状態で食べるのが一般的です。
パパイヤイリチー(パパイヤしりしり)がおなじみですね。
低カロリーで、ビタミンなどの栄養素も豊富にふくまれているので
女性にもおすすめの島野菜なんですよ。

2016.03.02

美らSUN(ちゅらさん)ビーチの夕日

先日25度まで気温が上がった沖縄。
だんだん日も長くなってきました。
写真は18:30ごろの美らSUN(ちゅらさん)ビーチです。
東京の日没より1時間ほど遅く、
ゆっくりと、やさしく、日が落ちていきました。

2016.02.29

もうすぐ島ぞうりの季節

暖かくなってくると、まずは足元から涼しくしたいところ。
早くもちらほら見かけるようになってきた「島ぞうり」は、
色もサイズもさまざま。
これからの季節、沖縄の玄関を彩る風物詩です。
  • ANA
  • 沖縄県
  • 沖縄観光コンベンションビューロー

ページトップへ

" "