2017.03.27

各地で海びらきがはじまりました

みんなが待ち望んでいた、海びらき。
いよいよ、その季節がやってきました。

沖縄では、3月18日におこなわれた
八重山(やえやま)地方の海びらきを皮切りに
4月上旬にかけて、各地で海びらきがおこなわれます。

これから10月ごろまで楽しめる沖縄の海水浴。
ながーい夏のはじまりです。

2017.03.21

屋我地島の古民家カフェ「CALiN」

那覇から車で約1時間半の距離にある、
ちいさな島「屋我地島(やがじじま)」に
ポツンと佇む古民家カフェ「CALiN」

扉をあけると、島の素朴な風景とは一転、
どこか異国情緒漂う雰囲気に心が躍ります。

ターメリックブルーを背景に、緑やピンクの植物たちが彩る
カウンター席には、春の日差しがたっぷりと差し込んでいました。

2017.03.13

下地島空港の真っ赤な誘導灯

宮古島から車で30分ほどの場所にある
ちいさな島「下地島」

その下地島でビュースポットとなっている
朱(あか)いものの正体は
橋ではなく、下地島空港の誘導灯です。

宮古ブルーとのコントラストがうつくしいこの朱は
きっと空の上からもひときわ目を引くことでしょう。

2017.02.27

湖のように静寂な「西の浜ビーチ」

沖縄の海は、季節や時間帯、天候によって
いろんな顔を見せてくれます。

こちらは宮古島の「西の浜ビーチ」
陽がやわらかい朝の時間、2月の強い風が止んで、
海は、湖のように静寂な姿を見せてくれました。

なかなか見られない、特別な風景です。

2017.02.20

夏を待ちきれない「与那覇前浜ビーチ」

今年の冬は暖かい日が続いています。

写真は「夏を待ちきれない」と言わんばかりに
宮古ブルーの輝きをみせる、与那覇前浜ビーチ。

この日の宮古島は25度まで気温が上がり
短パン・半袖になって砂浜を歩く人もちらほら。

海開きはもうすぐ。
いよいよ沖縄の夏がやってきます。

2016.12.12

雪のように真っ白なブーゲンビレア

先日、本部町の集落をお散歩中に見つけたブーゲンビレア。
雪のように真っ白に咲くその美しさに、思わず見惚れてしまいました。

赤やピンクのブーゲンビレアはお馴染みですが
真っ白な花びらも、沖縄の風景によく似合います。

ヒラヒラと舞う白い花びらを見ていると
まだ半袖で過ごせる12月の沖縄に
雪が降ったかのようです。

2016.12.05

手つかずの自然が残る、水納島

沖縄本島から高速船にのって15分。
人口40名ほどの小さな島「水納島(みんなじま)」は
観光地化されていない、手つかずの自然が魅力。

生い茂る緑の小道を抜けると、
待っているのは、エメラルドグリーンに輝く天然のビーチ。

シーズンオフとなるこの時期は
誰もいない、このうつくしいビーチを独り占めできちゃいます。

2016.10.31

約600年の歴史をもつ竹富島の「種子取祭」

石垣と赤瓦屋根の家屋が立ち並ぶ、竹富島。
そんなのどかな街並みが印象的な島ですが
年に一度、多くの人で賑わいをみせるお祭りがあります。

国の重要無形民俗文化財にも指定されている
種子取祭(タナドゥイ)です。

暮らしの無事や平穏を願うお祭りで
小さな子どもたちから、おじぃおばぁまで
島の皆が主役となって、質の高い演芸を披露します。

約600年にわたって受け継がれた芸能の一つ一つに
ただただ、心が揺さぶられるのです。

2016.08.29

伊江島の景勝地「湧出(わじー)」

本島から30分ほどフェリーに乗って「伊江島」へ。
島の北側へ車を走らせると、
絶景ポイント「湧出(わじー)」にたどり着きます。

湧出(わじー)とは、湧き水のこと。
この断崖絶壁の下から湧き出る良質な水は
島の人たちの貴重な水源地だったといわれています。

景勝地としても有名で、この日も、
湧き水と海が混ざり合う、緑と碧の
コントラストがうつくしい景色が広がっていました。

2016.08.01

波照間島とヤギ

波照間島を散歩していると
人よりも、すれ違う回数の多いヤギ。

近づくと、こちら側を向いて
「こんにちは」と挨拶してくれているよう。

人口約500人に対して、ヤギの数およそ400頭といわれる、
波照間島らしい風景です。

  • ANA
  • 沖縄県
  • 沖縄観光コンベンションビューロー

ページトップへ

" "